環境方針

環境基本方針

旭コムテクグループは、ITソリューションベースに立ってイノベーションを実践し、地球自然環境保全を最重要課題として事業推進に取り組み、社会の繁栄に貢献し豊かな未来を創造します。

環境行動指針

旭コムテクグループ社員は、環境基本方針を一人ひとり自分自身が達成するべき課題として認識し、事業推進において以下の指針を基に活動し着実に成果を上げて行くものとします。

  1. 1.ITソリューション事業推進のために行うコンサルティング、企画、提案、販売、システム設計、ソフト開発、プログラム、資材調達、施工、保守、運用およびスタッフ事務等の活動の全領域において、環境に影響を与えていることを踏まえ、可能な限り環境向上をはかるための行動を展開する。
  2. 2.細心の注意を払い、環境汚染を未然に防止するとともに、常時継続的に保全のための改善に取り組む。
  3. 3.環境に関する法規、条例および関係する団体等の指針や要求事項を遵守するとともに、特に違反の恐れのある事項については強く意識して行動する。
  4. 4.発生する環境への影響を考慮し、年度単位に環境目的および目標を設定し、活動の各段階において、省資源、省エネルギーをはかるとともに産業廃棄物の発生を抑制し、分別リサイクルを促進する。さらに年度終了後、問題点を抽出し、変更および改革をしてステップアップをはかる。
  5. 5.環境方針を文書化し、環境マネジメントを明確にして周知徹底をはかる。さらに取り巻く状況の変化に対応しこれらを適宜見直し、常に、適切、妥当、有効な状態を保つものとする。
  6. 6.環境方針はホームページ、会社案内、パンフレット等を通じて広く公開し、地域社会との共存をはかる。